2007年02月24日

一週間検診

今日は一日たいしたことをしていないので
昨日の振り返り日記から。

術後一週間の検診に行ってきました。

視力検査の結果は両目とも1.5でした。

ん?左目落ちてる?

って思ったけど、仕事の後だしね。
つーか むしろこっちの方がバランスがいいと思うし。
特に気にすることもナシ。

医師による検診でも、経過は順調だそうです。
今日から点眼薬がすこし軽めに変わるそうです。

点眼薬は3種類。
1日3回のものが2種類と、1日5回のものが1種類。

そろそろ運動してもいいですか? と聞くと、
『心拍数をあまり上げなければよい』とのこと。

心拍数をあげると、血流がよくなるから
炎症を起こしやすくなるんだそうです。
(なるほど。手術直後に飲酒を控えるのも、同じ理由かー)

ってことは、やっぱり走るのとかはダメですか。そうですか。

もうこの一ヶ月は諦めてデブになり、その後死に物狂いで落とせ、ってことだよー

なんて軽く言ってくれるじゃないのよ、ダンナちゃん。むかっ(怒り)
ちっ。覚えてろ。

走れないなら、地道に筋トレとストレッチかなー。
あとはヨガとか。かな。
むむむ・・・



それ以外には今回は特筆するようなことはなかったのだけど、
生命保険会社からの給付金について触れてなかったので
ちょこっと書いておこうと思うデス。

医療保険で手術特約などをつけている場合は
給付金が出る場合があるそうです。
(各保険会社に確認してください)

給付金の請求方法には、各社色々あると思いますが、
大体診断書が必要になるようです。

コレでいくらか給付金が出ると思えば、
レーシックもけっこう金額が下がってきたなぁ…。

ちょっと前まで、両目30万とか40万とかそれ以上とかしてたのに、
ワタシは、この病院で、イントラレーシックという術方で18万8千円(1万円割引クーポン)。
普通のレーシックなら13万だもんね。

これで保険の給付金がでて、年末調整で保険控除すれば、戻ってくるお金もあるし、随分受けやすくなったなあと感じました。

診断書が発行されるまでには1週間くらいかかるようなので、できれば手術の当日にお願いしておいたほうがいいと思います。


次は三週間後の1ヶ月検診。
それまでにワタシの体はどこまで太るのか、キープできるのか?!
posted by はに | Comment(3) | レーシック

2007年02月19日

飲酒は術後3日

外出時は保護めがねをかけます。
ホコリなどを防ぐためと、紫外線カットのためです。
ワタシが使っているのは花粉症対策メガネみたいなものです。
屋内に入ったら外していいそうです。

点眼は4種類。内服薬は2種類出ました。
内服薬は術後すぐに痛みがある場合に飲む鎮痛剤(飲まなくてもよい)と、毎食後に飲む抗生物質です。

点眼は1日5回のものと1時間おきに点眼するものなど。


自転車も一応OKが出ていますが、今週いっぱいは電車通勤しようと思っています。
(なにせ ワタシ飛ばすもので)

今日 会社の自分の席について、はじめに思ったことが、モニターが近い!
ということでした。

いままでよりも30センチ以上も奥に置き、それでもなんだか
上手い距離感がつかめない。
モニターの周りにいっぱいついているメモ書きも、これでも読めるんだね。

すごいな。


しかし、ここまで奥に置いたら、
後ろに立たれたら画面、丸見えだな…(苦笑)


術後3日間は喫煙、飲酒を控えてくださいと
言われていたので、今日から解禁♪

珍しくダンナちゃんがワタシと同じ時間に帰れるようなので
(たぶん初めて)一緒に帰ってきた。

商店街で日用品などを買い物をしたあと、近所の焼鳥屋さんへ☆


焼鳥.jpg  うんまい!








あれ? 術後3日って





金曜に手術して




土曜、日曜、月曜…












明日から解禁だった????煤i ̄△ ̄; )







まあいっか。
飲んじゃったし。
posted by はに | Comment(10) | レーシック

2007年02月18日

レーシック手術してきました2

せっかく眼がよくなったので、
色々見に外へ出かけたいところですが、雨と寒さに負けて
一日中家でごろごろ…




さて、またも昨日の振り返り日記です。
翌日検診に行ってきました。↓↓↓

朝起きると、もう前日までのしみる感じもなく、
痛みも全くなく、昨夜の弱気がウソのように元気。

眼帯を外すと、視界クッキリ。
コンタクトレンズを入れているかのような視界。
いや、それ以上かも。
ワントーン明るくみえました(大げさですが、イメージです)

世界はこんなに明るかったのね!

と、えらい浮かれようです。

検診に行く途中でも、前の車のナンバーが
くっきり見える!すごい!
遠ーーくの信号まではっきり見える!すごい!

と なにをみても、いちいち感動。
それまでメガネやコンタクトで見ていたよりもよく見える気がして、術後検診での視力検査にも期待していました♪

そして なんと!

右目1.5、左目2.0 でした

すごい…。

翌日にはまだ1.0未満くらいかな、と思っていたら、いきなり来ましたよ、コレ。

つーか ちょっとイキナリ上がりすぎじゃないかい?
2.0の世界なんて20数年ぶりくらいかも。
1.0〜1.2くらいで充分と思っていたのに、いきなり1.5/2.0の世界…

それでも、この見える喜びには違いない。
調子に乗って、いろんなものが見たくなる。

検診の結果は、まずまず良好。
ただ、ちょっと炎症が残っているので、抗炎症の点眼をもう少し頻繁に点すように、とのこと。

これで、次の検診は1週間後です。

帰りも、ずっと1.5/2.0の世界を楽しんで帰りました。


ただ、視力がよくなったのはいいのですが、
いままで見えなかったホコリなんかも見えてしまうようになって
掃除しなくちゃ…という気になったのが面倒でした。

それから、TVがいままで見ていた位置だと近くに感じてしまって疲れることも。

出来るだけ目に優しい生活を…
と思ってこの週末はPCにも向かわず、TVもほとんど見ず、
読書をするわけでもなく、裏の公園の緑をボンヤリ眺める時間が多い、
なんとヒマな時間だったことか(笑)

来週は天気がよかったら、緑が美しい箱根にでもドライブに行きたいなー。
もう温泉も入れるし♪



レーシックの手術も無事に終わり、今後は定期健診とその経過を書く程度になりました。
書き漏らしたことは、その都度追記していこうと思います。


レーシックに興味のある人に、果たしてこんな小学生のような文章力しか持たないワタシの日記で参考になったのかどうかは疑問が残りますが、一応リアルタイムに記録しておいたことでなにか思うところでもあれば幸いです。


ワタシが今まで見た体験談のなかで、とてもわかりやすかった方のページをリンクさせていただくことにしました。

多少、ワタシの場合と異なる点もありますが、だいたいワタシもこんな感じでした。

是非 一度 見てみてくださいな

http://ekoharubiyori.blog93.fc2.com/blog-category-6.html
posted by はに | Comment(9) | レーシック

2007年02月17日

レーシック手術してきました1

快適です。
視界がクリアーって素晴らしい!!


さて、昨日の手術の振り返り日記です↓↓

術後は電車での帰宅も可能ですが、ホコリや感染症を防ぐために
なるべくタクシーか自家用車(患者本人以外の運転)での帰宅が望ましいと聞いていたので、ダンナちゃんに車で一緒に来てもらいました。

受付に行き、まずは手術の同意書にサイン。
この病院では患者が希望(同意)すれば手術の模様を見学できるため、
(レーシックを検討しているひと、または患者の家族向け)
ダンナちゃんが見たいというので希望しました。

が、今日は同じ時間帯に手術を行う人数が多く、また
一般公開の時間帯ではなかったため、見ることができませんでした。残念だったね。


前回の検査から視力に大幅な変動がないか、いくつかの検査と検診を行ったあと、点眼麻酔をして術衣に着替え、手術待合室に入ります。

ここまではまだ割と気持ちにも余裕があって、ワクワクが勝っていたのです。

そしていよいよ手術室に通されると、急激に緊張が高まってきました。

手術台に載せられた時には緊張のピーク。

『○○さんですね、確認のためにご自分でお名前と生年月日を言ってください』
と医師からの言葉に対し、緊張のあまり何にも考えず旧姓のままフルネームを言ってしまいました。

『え?』
と 聞き返された時も、気づかずに旧姓でフルネーム。
完全にパニクってました。

看護師さんに『○○さんでしょう?』と聞かれ、はっと我に返る。

はに 『そ、そそそそ そうです。○○です』

医師も看護師もホっとして、
『じゃ 始めますね、点眼します』と始まったのです。

この手術台に乗せられている間は、緊張でヘンに体が強張り続けていました。

ワタシはイントラレーシックという手術方法のため、ここでまずフラップ(蓋)を作り、そのあと看護師に付き添われて別の手術室へ移動します。

点眼し、開眼器(まばたきをしないように開かせておくもの)を設置して、目の前にある赤いライトを見ています。
そのうち、フラップができてくると、目の前が真っ白になってなにも見えなくなりますが、これが正常だそうです。

『はい、右目終わりましたー。次 左目いきますね』
開眼器を外し、点眼され、左目にあったガーゼを右目に移され、左目に同じことを繰り返す。

ここまでで、わずか数十秒。

左目のフラップも出来上がり、
『しばら眼を軽くつぶっていてくださいね』とそのまま寝かされる。

医師も看護師も部屋から出て行き、一人にされ、リラックスするような音楽も流れているため、うっかり軽く眠りに入ってしまいました。

このときの眼は、なんとなくヒリヒリするような、かゆいような気がする程度。

しばらくすると、看護師がきて
『じゃ移動します。眼、開けられますか』
と付き添いながら、隣の部屋へ誘導してくれる。
このときの視界は、普段のメガネをかけていない状態とたいして変わりません。多少ぼやけている感じかな。

隣の部屋では、ついにレーザーを照射します。
また緊張が…。
めちゃめちゃ怖いよぅ。

手術台に乗せられて、顔の上に眼だけでるように布をかぶせられ、
上下のまぶたをテープで固定し点眼、洗浄して開眼器を置いて、
いよいよレーザー照射です。

『頭を動かさないように、緑色のライトの点滅をずっと見続けていてください』

『すこし大きい音がするけど、ビックリしないで、緑色をずっと見ていてくださいね』

はい。はい。
もう仰るとおりにしますです。
怖いのと緊張で体は硬直。

『まな板の上の鯉ってこんな心境なんだろうか…』

と、鯉の気持ちがわかったところで、あっという間に終了。
レーザーが照射されている間はジジジーッという音と焼けるようなニオイがしますが、痛みはありません。
あ、開眼器で固定されている痛みくらいはあります。

レーザーの照射が終わると、フラップを元に戻して、洗浄して、へらみたいな器具で整地(?)して点眼して終了です。

はい、終わりました。じゃ、こちらで検診しますね』

と 医師は検診する机に誘導してくれます。

その時。

手術台(リクライニングシート)から降りる時に、
自分の足元が見える!!

まだ視界の周りはボンヤリとしているけれど、たしかに見える。

すごい。


検診後、看護師に付き添われ、ラウンジへ移動し、リクライニングシートに横になり、数十分ほど休ませます。

こんなにあっという間に見えるようになるんだ…。
なんだ、もっと早くやればよかった。
こんな感動を味わったら、そりゃ経験者のみんなが勧めるわけだよなあ…。


そんなことをボンヤリと思っていました。

その後、目薬や術後の説明、翌日検診の説明などを受けるときには、すでに視力が上がっているのを感じていたのです。




まぶしくて、あんまり眼が開けられません。
まぶしい、というか、しみる というか…。

ダンナちゃんが車で一緒に来てくれていてよかったよ。
これで電車に乗って帰るなんてムリ。
痛くはないけど、眼が開けられないし、涙がとまらない。
刺激のつよい目薬を点すと、一瞬しみて眼が開けられなくなる、そんな感じでした。

家に着くと、まだ21時前だったのですが、
とにかく眼を休ませたくて、すぐに寝ることにしました。

寝るときは、眼帯をして寝ます。
眼をこすったり、ぶつけたりしないよう保護するためです。

しかし、この眼帯がえらくマヌケで、めちゃめちゃ笑えるのです。
ダンナちゃんが、そりゃもう大喜びでした。


とりあえず、そんなことに構ってられないのでワタシは寝ます。

おやすみなさい。


眼帯.JPG  ←HGみたい…



つづく。
posted by はに | Comment(6) | レーシック

2007年02月16日

レーシック手術を受けます・当日

今日の夕方、いよいよ手術を受けてきまーす(^▽^)ノ

手術後はお風呂には入れません。

ということで、今日は午前中だけ会社に来ています。
午後は半休して、週末にできない掃除と洗濯と家事。
そしてお風呂に入ってから病院へ向かいます。

病院へ行ってからのレポは、後日に!

とはいえ、術後はあまり目を酷使しないようにしようと思うので
PCに向かうことができるのは月曜に出社してからかも。


そんで、後からだと書き漏らしてしまいそうなことを
さきに書いてしまおうと思います。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* *・゜゚・*:.。..。.:*・゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*


レーシックの手術を受けることにしたと話したとき、
一番多く聞かれたのがコレでした↓

また悪くなっちゃうんじゃないの?

結論から言えば、実際はそういうこともありえると思います。

レーシックは現在の視力をあげることを目的にしています。
術後一生の視力を保障するものではありません。
視力が落ちるのは生活習慣が要因ですから、いくら手術をしたとしても、術後に眼を酷使などすれば術前と同じように視力が落ちることもあり得ると思うのです。
人間はナマモノですから。

術後は目に負担をかけない生活を心がけることも大事だと思います。
まあ要は他の病気にかかった時と同じですね。

そしてワタシは放っておくことよりも、今より良くなることの方を選びました。
たとえまた悪くなっても、いまより悪くなることもないだろう、と。
しかも、それは手術のせいじゃないし。


それからこれも多かった↓

怖くないの?!

いや そりゃ怖いですよー。
やったことないし。目だし。先端恐怖症だし。

だからこそ、病院選びは慎重にしたし、事前にネットでも調べまくったし、経験者(幸いワタシには身近に経験者が多い)に聞いたり。

そして病院でも不安なことは全部聞いて、解消させてきました。
ホントに些細なことでもちゃんと医師に聞けたことがよかったと思います。

そういえば、術前検査の時に、直接眼球に触れる検査があったのです。
先端恐怖症のワタシは、これがイヤでイヤで緊張していました。

んが。

点眼麻酔をして、しばらく(1,2分くらい)経ったあと

『まっすぐ前の印を見ていてください』

といわれ、そのとおりにしてると、

『いま、もう眼球に触れてますよー。わかりますか?』

…わかりません。

『手術の時もこんな感じですから痛くないので安心してくださいね』

なるほど。

これなら大丈夫かも。
痛くないし、先端見えないし。

そうは言っても、怖さのレベルや種類は人それぞれなので、
他の人に当てはまるかどうかわかりませんが。


それから もうひとつ。

どれくらいの視力になるの?!

これはもともとの視力によって、さらに人によっても差が出るそうです。

ワタシのような中等度の近視であれば、1.0が80%以上だそうです。0.7程度であれば90%以上だそうです。

結果はまた個人差があるようで、1.0を予定していても1.2になったり、0.7くらいになったり、左右でも出方が違ったり。
コレばっかりやってみないとわからないようです。

とは言え、今より悪くなる可能性は極めて低いわけだし、0.7あれば、メガネなしでも運転できるし日常生活にはほとんど問題はないであろうと思い、ワタシは手術を決めました。


まーやってみるまでは不安だらけ、
実際ワタシも興味を持ち始めてから
今日まではすでに2年くらい経ってるし、慎重になるのは当然と思います。


レーシックをやってみようと思うのであれば、
病院との相性や術前、術後のことも踏まえて色々調べて、また実際に行ってみて比べてみるといいと思いますよ。


そんじゃ 行ってきまーす。
posted by はに | Comment(11) | レーシック

2007年02月08日

最後のコンタクトレンズ

来週の金曜にはいよいよ
レーシックの手術です。

そのため、明日からコンタクト使用制限が開始され、
1日3回の点眼が開始します。

手術前1週間はコンタクトを使用できません。
コンタクトレンズを使用すると、角膜の形状が一時的に変化するので、手術を正しく行うために一定の制限期間を設けているようです。

また、点眼は抗菌のためです。
ワタシは1週間行いますが、場合によって(人によって)は
3日間の点眼ってこともあるようです。


って言っても、アタシは今までも平日はほとんど
ずっとメガネだったけどね。

仕事から帰ってからジムに行く時にはコンタクトしてたけど。
いまじゃメガネは本当に顔の一部のようだ…。

手術がおわったら、このメガネも必要なくなるんだなあ。
コンタクトレンズも、今日で最後か。


メガネのレンズだけ交換しよっかな。
なにしろ メガネは顔の一部ですから( ̄ー ̄)



さーて 
最後のコンタクトレンズをしてテニス行ってこよ!
posted by はに | Comment(6) | レーシック

2007年01月29日

レーシック手術を受けます2

新宿。
滅多に来ないところなので迷子になりそうで、目的地に着くまで
終始どきどき。

イナカモノでございます。

今日は、レーシック手術の再考に、前回とは違う病院へ行ってきました。

前回、家からも会社からも近いところで検査を受けたのだけどスケジュール的に厳しい。

つーことで、

・診療時間が長い/土日や祭日も診療している
・手術のスケジュールが融通きく
・通いやすさ
・症例の多さ



などの点からこちらを選びました。

他にも恵比寿や渋谷、銀座、みなとみらい等のクリニックも候補にあったのだけど、電話で色々聞いてみて(予約状況まで)ここが一番早く出来そうだったので偶々ですけどね。


問診票に記入し、視力検査や屈折検査・角膜の色々な検査などを行います。

私の視力は右0.05 左0.1でした。

なんと!
思ってたよりもいいじゃん!

いままで右0.03 左0.05くらいって言われてたのに!!
いままでの視力検査ってなんだったのよ…?

さらに、右だけ乱視が強いと言われていたのに、
右はなし、左にほんの少しの乱視があったようです。

なにそれ?
いまのメガネ、右だけ乱視矯正入ってるよ???


???だらけでしたが、機械でちゃんと出してるので
こちらが正しいのかもしれない。
それにいままでってコンタクトとメガネを常に併用してたし。
今回のように一週間もコンタクトをしなかった場合とは違うのかも。


ま、とりあえずこの視力は中等度の近視ってことで手術は可能だそうです。


で、検査の時にも、さらに医師の検診の時にも言われたのが、
角膜の厚さ、角膜の形について。

角膜の厚さが、私は薄かったのです。
日本人の平均が530〜540μmくらいらしいのですが、
私は両目とも500を切る数字。
特に右目は、術後、万が一再手術ってことになった時に
たぶん再手術は出来ないであろう、というくらい。
(削れる分がもうない。安全値を下回ってしまう恐れあり)

そして角膜の形。
少しカーブがキツイというか、とんがり気味なカタチをしているようです。


この2点について、レーシックよりもイントラレーシックでの手術を勧められました。
この違いは、レーザーを当てる際に作るフラップ(蓋)を
マイクロケラトームという器具を使って作るか、レーザーによって作るかの違いです。
(詳細はこちら

全部の検査を終えて、検診の際にも医師に、その後カウンセラーにも
いっぱいいっぱい質問をして確認をして相談をして。
術前、当日、術後、保険の給付や支払い方法まで。
とにかくものすごくたくさん質問をしてきました。

何しろこっちは素人。
『角膜が薄い』とか『形状が』とか言われたら、より安全な方法を知りたいし
細かいことまで納得したいし、生活についての注意点も知りたい。

その一つ一つに全て丁寧に受け答えしてもらって、安心して納得して
来月半ばにここで、イントラレーシックの手術をすることを決心しました。



19時から行って、帰るまで3時間半。
長かったねー。


さー あと数週間!
楽しみだ♪
posted by はに | Comment(8) | レーシック

2007年01月23日

レーシック手術を受けます

レーシックの手術を受ける予定です。
できれば2月中に手術をしたいので、ボチボチ病院を決めなくてはいけません。

家から近いところがやっぱり何かと便利であろう、
と、まずは会社からも家からも一駅の眼科へ行くことに。

数年前に知人もここでレーシック手術を受けたらしい。

ワタシにしてみても、仕事の帰りに検査やら検診やら行けるし、
検査を受ける前から、ほぼ、ここで決まりかな、と思っていた。

で、本日 仕事の後に行ってみたわけなんですがね。


受付時間は18:30まで。
ワタシが受付したのが18時過ぎ。
全部の検査はムリかなー。

まずはじめに、通常の検診と、適応検査。
本来 適応検査は、
コンタクトレンズを1週間ほど使用してない状態で受けるものが多い。
ワタシは日曜にジムに行く時に使用してた。
2日しか経っていないのだけど、出来るところまでやってみましょうか、
と看護師さん。

視力検査だけでなく、角膜の写真を撮ったり、陰影の見え方などの検査と自己診断等を終えて、先生の検診。

今日はカウンセリングまでは受けられないのだけど、ここまでの検査と検診をしてもらった限りでは手術は可能とのこと。

安心して、カウンセリング(コンタクト使用制限した上で再度検査も受けます)と手術を受けようと、その説明をきくことに。

するとここで問題が。
手術の日程やカウンセリングの日程などが限定されていた。
カウンセリングは火曜日か土曜日。
手術は毎月第一木曜のみ。
いずれも予約制。

この病院はレーシックだけやってるわけではなく、一般眼科ももちろんやっている。
そんで手術は全て院長が行うので、時間に制限があるのは当然っちゃあ当然。

しかし、平日の手術はちょっと避けたいところ。
今の職場で4年近く一緒に仕事をしている相方さんが、2月一杯で退職の予定なのです。

新しい人が来てくれたとしても、はじめのうちは慣れないだろうから
なるべくワタシは休まないほうがいいだろうし。

で、予定を早めて2月の手術を検討しはじめる。
大急ぎでカウンセリングの予約と手術の予約確認をして、なんとか時間は取れそう。


しかし、今度は術後はしばらく運動ができない、入浴ができない等で引っかかることが。
2月の第一木曜に手術となると、手術3日後にスノーボードに行く予定がある。
目をぶつけなければいいのですが…という渋い答えと、入浴についても洗髪と洗顔に制限が。

スノーボード行ったらそりゃ汗かくじゃん。
そんで温泉に入りたいじゃん。
なのに、洗髪できないのは… 


むむぅ…


こりゃ 別の方法も考えないとダメかな。


帰宅後、ダンナちゃんとも相談して、他の病院をネットで検索。
新宿の病院にあたりをつけ、即電話(24時間フリーダイヤル相談が設けてあった)

このままコンタクトレンズを使わずに過ごして、
来週、その病院に行ってみまーす
posted by はに | Comment(7) | レーシック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。