2007年09月03日

記憶

目を覚ますと、某ホテルの一室だった。
自分から発せられる酒のニオイが気持悪くて、ふらふらとトイレへ。




すっ裸で。



もう一度ベッドに戻り、記憶を手繰り寄せようとしたけれど、
脳はまだ酒に浸かったまま。


気持悪い…というより、まだ酔っ払ってる感じ。
フワフワしている。

神輿が終わって、半纏を返して、鉢洗いに参加して、
えーとそれからそれから…


・・・それから?


お、







思 い 出 せ な い





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


あ!
渋谷のトイレで用を足してたら、駅員さんに外から声をかけられた!
そうだそうだ。

ダンナちゃんに荷物を預け、トイレに行って寝ちゃったんだ。
で、ハッと我に返って用を足してたら、いつまで経っても出てこないアタシを心配してダンナちゃんが駅員さんに言って呼び出されたんだった!


そんで、そんで、そんで…


・・・・・・・・。


う。

また思い出せない。


トイレから出て、どーしたんだっけ?
しばらく歩けなかったような…

そうだ、そうだ。

立ち上がれなくて、歩けなくて、ところかまわず寝ちゃって、
つれて帰るにも、タクシーに乗せるにも、とにかく動けなくなくて
しょーがないから一番近いホテルに泊まろうとダンナちゃんが言ってくれたのをいいことに一番近いのはこの上だ、と駅の上にある某ホテルに入れてもらったんだった。


でも、その部屋に入った記憶がないんですけど。



ふー。


とりあえず風呂に入ろう。汗を流そう。
つーか酒を抜こう。



と思って風呂に入ったのに、風呂に入ったら酒が全身に回った。
きもちわるぅ…



今日は出勤ムリだな…
(ダンナちゃんはそのまま出社しました)

仕方ない。
今日は一日 休もう。


帰って家で寝よう。




この後、ダンナちゃんから
いかに昨夜は大変だったかを懇々と聞かされました。
驚きの事実もいっぱいありました。



えーと、関係者の皆様、ゴメンね?★えへ。

例の数々の奇行は、アタシじゃないけど(覚えてないから)
念のため謝っておこう。すみませんでした。


まあ いいか。
大方の被害者はダンナちゃんだろうし。



教訓:日本酒をガブ飲みしたら飛ぶな、ハネるな、暴れるな。


次の日を丸一日棒に振るほど酔っ払ったなんて、何年ぶりだろう。
ちょっと懲りた。
posted by はに | Comment(16) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。