2007年01月10日

トラブル発生

時差ボケ?
夜中に強烈な胸やけで目が覚めて、4時間もんどりうった揚句、
結局ガマンできずに朝方トイレで吐いた。

胃が痛い…





ここのところ元気だったのでうっかり油断していた。
こう見えて、実はワタクシ虚弱体質なのです。

もうすっかり元気になったと思ってちょっと無茶しちゃったかなー。
いつでもそうなんだけど、気持ちはその気でも、体が先に反応する。

いつもはちゃんと常備薬も万全に持ってきてるのに、今回に限って何にも持ってきていない。
ハワイの時も、種子島の時も、普段の生活にさえ常に持っているのに、
何故今回に限って持ってきていないのか。
んあー バカだなあ…( ´д ` )

薬局の開く時間になってからダンナちゃんに胃薬を買いに行ってもらって、
とにかく午前中は寝て様子見ることに。

昼ごろに目が覚めると薬が効いているのか、吐き気や胃痛はだいぶ治まった。

頭はボーっとするけど、滑りたい。

ヨロヨロと着替えて、ゴンドラに乗って上がったけど、ダメだった。
ゴンドラに乗ってる最中は、滑りたい気持ちで何とか支えていたけれど、
ブーツの紐を締めていると、涙がでてきた。


ああ、体はシンドいんだ…。

こんなこと初めて。

風邪ひいて熱があってもゲレンデへ行って
滑って汗かけば熱も下がる!ってのはあったし、
結果その時は本当に熱も下がって気力だけで治したこともあったのに、
今日は全然ダメ。

帰りたい。
滑りたい気持ちが全然沸いてこない。

結局 下るゴンドラに再び乗り込み、一人でホテルへ帰った。
(ダンナちゃんにはせっかくだから滑って来てもらうことにした)

どうやら熱はけっこうあるようだ。
目の焦点が合わない。耳の奥が痛い。

いつも海のあとに出す微熱よりはちょっと高いかな。
39度くらいあるかもしれない。

体温計がなくてよかった。
計ってその数字見たら余計に上がるもんね。

毛布をかぶったまま足湯して、じっくり体を温めて
足元にカイロを置いてあたためた布団に入り、
解熱剤と、かろうじて持参していたビタミンCとローヤルゼリーのサプリメントを飲んで寝ることに。

それがまだ夕方だったのだけど、
ダンナちゃんが寝るまでの間、ずっと氷水に浸したタオルを
額に乗せて取り替えての繰り返しをしてくれて、時々目を覚ますとお水を飲ませてくれた。

せっかくカナダまで来たのに、熱出して世話かけてゴメンね。
とダンナちゃんに言うと、

『今回は半分バケーションなんだから、普段出来ない分、ゆっくりすればいいいよ。
ガツガツ滑るのは日本でもできるし、幸い天気もよくないんだし。
リゾートスキーなんて、気が向いたら滑る、が基本でいいんだよー』


と言ってくれました。


ありがとう。

おかげで汗をたっぷりかいて着替えて少し楽になったよ。
朝には熱も下がってるといいな。
posted by はに | Comment(5) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。